「あのパンツかわいいなぁ」と思って試着すると

「あのパンツかわいいなぁ」と思って試着すると、さっそくふくらはぎのポイントで諦めざるを得ないか、入ったとしても、なんかパツパツしてて履き心地も見た目も最悪、って時に自分の脚を恨みます。試着室でがっかりして即私服に着替えてると、店員さんが「どうですか?」って尋ねてくるけど、「自分の脚太くて入りませんでした」なんて恥ずかしくて言えないから、ちょっと強がって「似合いませんでした」って返事しちゃう時も、脚が細かったらなぁと思います。そもそも、世に出回るおしゃれなものや、流行の最先端なものは、基本的に細い。しかも細いのレベルを超えている気がします。だから私はどんなに欲しいパンツが目の前にあっても、イマドキの可愛い格好をしたくても、脚のせいで地味な格好に結局なっちゃうのが残念。痩せたいけど、なかなか痩せません。 永久脱毛長岡.xyz